借り入れ 遅延損害金

遅延損害金

遅延損害金とは、返済が遅れた時に支払わなければならないお金を指します。
金融機関は貸し付けを行う時には返済計画に基づいて返済される事を前提としています。
遅延した場合にはそれによって何らかの損害が発生するという事から遅延損害金を請求することが行われてきました。
損害といっても、実際には計量できるほどの損害ではない場合も多く、遅延した場合のペナルティのような意味合いが強いと考えられます。
キャッシングを利用したときにも、月々の最低の返済金額は定められています。

 

それより多く返済することについては問題はないのですが、返済する金額が最低金額に達しない場合には、遅延したものと見なされ、遅延損害金が請求されます。
キャッシングを利用する時には契約の内容を確認すると思いますが、キャッシングの遅延損害金は金額が定められて請求されるのではなくて、金利に上乗せされるのが一般的です。
ですから、「遅延金利」と言われることもあります。

 

この金利は20%くらいに設定されていることが多いでしょう。
遅延金利はキャッシング会社によって異なっていますが、上限は法律によって定められています。
金利については利息制限法で上限が定められていて、元本が10万円未満なら年率で20%、10万円以上100万円未満なら年率で18%、100万円以上であれば年率で15%と定められています。
キャッシングの金利もこれに従いますが、キャッシングの遅延金利については別に定められていますから、この上限を超えることもあります。
遅延損害金としての遅延金利は、利息制限法の上限金利の1.46倍までと定められています。
過去には2倍までと定められていたのですが、これが引き下げられて現在では1.46倍となっているのです。
ですから、遅延金利の上限は元本の金額に応じて21.9%から29.2%となっています。
消費者金融や銀行などが、遅延金利として20%を採用しているのは、この上限よりも低いですから合法的な金利だと考えられます。

 

もしも遅延した場合には、より高い金利が適用されることになります。
キャッシングを提供している金融機関によっては、法律で定められた上限の金利を適用していることもあります。
例えば、10万円未満であれば29.2%のが最大になるわけですが、これが適用されることもあります。
もしもこの金利が適用されて3年間経てば、元金は2倍以上になります。
これだけを考えてみても、遅延金利は非常に大きいものだと言うことが分かると思います。

 

例えば、多くのキャッシングサービスが適用している20%の遅延金利が適用された場合にはどれくらいの支払額になるのでしょうか。
仮に200万円を借りていた場合には、月々どれくらいになるのでしょうか。
利息は日割り計算で計算されますから、年間で200万円の20%の36万円となることから、月々ではこの約12分の1と考えて計算をすると、月々3万3千円ほどになります。
これが毎月発生する利息の金額ですから、この金額を返済できなければ元金は増えていくことになるのです。
毎月3万円以上というと、この金額はかなり大きいですから生活の負担にもなることでしょう。
それができなければどんどん利息は膨らんでいって、最終的には債務整理につながってしまう可能性もあります。

 

このように、遅延損害金の存在によって返済が出来なくなってしまう場合もありますから注意が必要です。
遅延損害金が発生しないようにするためには、毎月きちんと返済をしていれば良いのです。
月々の返済が無理ないようにするためには、借りる時点で返済計画をきちんと立てておくことが必要となってきます。
借りる時点で返済計画を立てて、どれくらいまでなら借り入れをしても返済ができるのかという金額を把握しておくことが必要となってきます。